iPhoneでGPS追跡されない方法を紹介!これでプライバシーを守ろう!

mobile menu

iPhoneでGPS追跡されない方法を紹介!これでプライバシーを守ろう!

Apr 28, 2024

近年、スマートフォンの普及に伴い、GPS(Global Positioning System)を利用した位置情報の追跡が容易になりました。しかし、この便利な機能を悪用することで、プライバシーの侵害やストーカー行為などの問題が発生しています。特に、パートナーや家族の位置情報を追跡することは、個人のプライバシーを侵害する行為となります。そこで、この記事ではiPhoneとAndroid携帯でGPSの追跡されないようにする方法について詳しく解説します。

locspoof iphoneでgps追跡されない方法を紹介

目次:

locspoof icon

iRocket LocSpoof- GPS位置情報変更

LocSpoofは、脱獄不要ほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作する。

無料ダウンロード

Part1:「iPhone」GPS位置情報が追跡されない方法

iPhoneでGPS追跡されない方法としては、以下の3つがあります。以下の中から自分にあったものを試してみることをおすすめします:

1.1 iPhoneの位置情報サービスをオフにする

iPhoneの設定から「プライバシー」→「位置情報サービス」にアクセスし、全てのアプリの位置情報サービスをオフにします。これにより、iPhone GPS位置情報が追跡されるのを防ぐことができます。
ただし、この設定を変更すると、マップや天気アプリなど、一部の機能が制限される可能性がありますので、注意が必要です。

locspoof iphoneの位置情報サービスをオフにする

1.2 機内モードを有効にする

機内モードを有効にすることで、iPhoneのGPS機能が無効化されます。設定画面から機内モードをオンにすることで、スマホGPS位置情報の追跡を防ぐことができます。

ただし、機内モードを有効にすると通信機能がすべてオフになるため、電話やメッセージの受信もできなくなりますので、注意が必要です。

locspoof 機内モードを有効にする

1.3 iPhoneの電源を切る

iPhoneの電源を切ることで、GPS機能が完全に無効化されます。携帯GPS位置情報の追跡を防ぐために、必要であれば定期的に電源を切ることを検討しましょう。

ただし、電源を切ると電話やメッセージの受信ができなくなるため、利用状況に応じて適切に対応することが重要です。この方法は最終手段として利用するといいでしょう。

locspoof googleマップの位置情報の共有方法

Part2:「Android」GPS位置情報が追跡されない方法

Androidデバイスでも、同様の手順でGPS位置情報が追跡されないようにすることが可能です。設定画面から位置情報サービスをオフにしたり、機内モードを有効にしたりすることで、GPS機能を無効化することができます。

Part3:「iPhone/Android」GPS位置情報が追跡されない方法

1 位置情報変更ツールLocSpoofを使用する[おすすめ]

LocSpoof は、位置情報を自由に変更することができるアプリです。任意の場所に自分の位置情報を設定することで、追跡を防ぐことができます。また、LocSpoofを使用することで、プライバシーを保護しながら、必要な場合には正確な位置情報を共有することも可能です。

魅力的な機能とメリットとしては以下が挙げられます。

locspoof location spoofer

iRocket LocSpoof

最高のiPhone/Android位置情報変更ツール

無料ダウンロード 購入する

利用可能なOS:

168,282人がダウンロードしました。

LocSpoofを使用してiPhone/Android携帯でGPS追跡されない手順

ステップ 1 LocSpoof をコンピュータにインストールして開きます。 「スタート」をクリックし、画面の指示に従って、USBケーブルで位置を変更したいiPhoneをPCに接続します。

無料ダウンロード

プライバシー保護・100%安全

locspoofを起動する

ステップ 2 LocSpoofの地図がポップアップで表示されます。右上隅の「テレポートモード」を選択します。マウスでスクロールしてピンを立てるか、左上の検索バーに住所を入力して、お好みの場所を検索します。

locspoof gps位置を変更する

ステップ 3 位置情報を選択したら、テキストボックスの「移動」をクリックして、GPS位置情報を設定した目的地に変更します。

irocket locspoof gpd位置を変更する

tips

Tips

詳細なガイドは、LocSpoofの操作ガイドページでご確認ください。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

2 プライベートブラウザを使用する

プライベートブラウザを使用することで、ウェブサイトからの位置情報の取得を制限することができます。追跡を防ぐために、プライベートブラウザを活用しましょう。プライベートブラウザでは、ユーザーの閲覧履歴や位置情報が自動的に削除されるため、個人のプライバシーを守ることができます。

3 スパイウェア対策アプリのご利用

スパイウェアは、悪意のある第三者がスマートフォンにインストールし、ユーザーの個人情報や行動を盗み見るために使用される悪質なソフトウェアです。スパイウェアがスマートフォンに侵入すると、ユーザーの通話記録、テキストメッセージ、位置情報などのプライベートな情報が不正に取得される可能性があります。これにより、プライバシーの侵害やセキュリティリスクが発生する可能性があります。

そこで、スマートフォンのセキュリティを強化し、スパイウェアから身を守るためには、スパイウェア対策アプリの利用が有効です。これらのアプリは、スマートフォン上に潜むスパイウェアを検出し、削除することができます。また、定期的なスキャンやリアルタイムの保護機能を提供して、スマートフォンの安全を確保します。

author

スパイウェア対策アプリは無料ではなく有料のものが多いので、その点は注意した方がいいでしょう。

まとめ

iPhoneとAndroid携帯でのGPS位置情報が追跡されないようにする方法について解説しました。プライバシー保護の観点から、適切な設定やツールの活用を行い、追跡を防ぐことが重要です。ただし、法律を遵守しながら適切な対策を行うことが重要ですので、慎重に行動しましょう。個人のプライバシーを尊重し、安全にスマートフォンを利用することが大切です。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

0 コメント

コメントしましょう !

お問い合わせ