iPhone/Android位置情報を共有・オフにできない?原因と対策を徹底解説

mobile menu

iPhone/Android位置情報を共有・オフにできない?原因と対策を徹底解説

Apr 24, 2024

近年、スマートフォンの位置情報共有機能は、安全やコミュニケーションのために重要な役割を果たしています。しかし、時々iPhoneやAndroidデバイスで位置情報が共有できない場合があります。特に会社の携帯の位置情報をオフにできない時などは困ってしまいますよね。この記事では、その原因と対策について詳しく解説します。

locspoof iphone/android位置情報を共有・オフにできない原因と対策

目次:

locspoof icon

iRocket LocSpoof

1クリックでiPhone/Android位置情報を簡単に変更することができます。

無料ダウンロード

Part1: iPhone/Android位置情報を共有・オフにできない原因

原因1:位置情報サービスをオフにする

位置情報共有を行うためには、端末の位置情報サービスがオンになっている必要があります。これがオフになっていると、どのアプリを利用した場合でも、位置情報を共有できない状態となっています。そのため、まずは、設定を確認しましょう。

locspoof iphone/android位置情報サービスをオフにする

原因2:相手の位置情報の共有がOFFになっている

自分の位置情報サービスがオンになっている場合でも、位置情報サービスを利用することが出来ません。そのため、相手に設定を確認してもらいましょう。

locspoof 相手の位置情報の共有がoffになっている

原因3:共有時間が過ぎた時

設定した共有時間が終了すると、位置情報の共有も終了します。再度設定を行う必要があります。位置共有をする際に何時間共有するかを聞かれるので、その点をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

原因4:位置情報の設定する画面がグレーアウトにした

端末の設定画面で位置情報の設定がグレーアウトしている場合、特定の設定が制限されている可能性があります。

Part2:「 iPhone/Android」位置情報の共有ができない/オフにできない時の対処法

iPhone/Androidの位置情報の共有ができない、または位置情報をオフできないという問題に遭遇することがまれにあります。大抵の場合、以下の対処法を試すことで位置情報を共有できるようになるでしょう。

対処法1:自分の設定を確認する

まずは自分の端末を確認してみましょう。端末の設定を確認し、位置情報共有がオンになっていることを確認します。共有情報がオフになっている場合は、サイト上で設定をオンにしたとしても位置情報が共有されることはありません。

locspoof 自分の端末の設定を確認する

対処法2:相手と設定状況を確認する

自分の端末に問題がなくてもiPhone/Androidの位置情報の共有ができないのであれば、相手のデバイスの設定状況を確認し、位置情報共有がオンになっているかどうかを確認しましょう。

対処法3:共有時間を延長するか再設定する

共有時間が終了した場合、再度設定を行い共有時間を延長しましょう。その際、いつまで共有可能かも確認しておくことをおすすめします。

対処法4:設定画面がグレイアウトにした時の対処法

端末の制限設定を確認し、位置情報の設定画面が制限されていないかを確認しましょう。

対処法5: iPhone/Androidデバイスを再起動する

デバイスを再起動することで一時的な問題が解決する場合があります。電源をオフにするだけでは改善しない場合は、端末を一度強制終了してみることもおすすめです。

locspoof iphone/androidデバイスを再起動する

対処法6:iPhone/Androidデバイスを最新バージョンにする

最新のソフトウェアバージョンにアップデートすることで、問題が解消される場合があります。アプリを自動でアップデートするようにしておけば、頻繁にバージョンを確認する必要がなくなるので、おすすめです。

対処法7:日付と時刻を自動取得する

日付と時刻の設定が正確であることを確認し、自動取得をオンにしましょう。稀にこの方法で問題が解決する方法があります。

locspoof 日付と時刻を自動取得する

対処法8: 運営に問い合わせる

上記の方法を全て試しても問題が解決しない場合は、端末の運営に問い合わせてサポートを受けることも有効です。iphoneの位置情報をオフにできない時などは、Appleサポートの利用が役に立ちます。

Androidを利用しているのであれば、Googleフォーラムなどを利用するのもおすすめです。または、ドコモやソフトバンクなどの携帯会社に問い合わせることで、アドバイスをもらうことができる場合もあります。

Part3:位置情報追跡を防ぐため、位置情報を変更・偽装する方法

位置情報の共有はとても便利ですが、プライバシーを守るために、位置情報を変更、もしくは偽装したい時もありますよね。位置情報を変更・偽装する方法として、LocSpoof というアプリがあります。

Locspoofは、位置情報を偽装するアプリであり、プライバシーを守る方法として推奨されています。

Locspoofの機能とメリットを以下にまとめました。

locspoof location spoofer

iRocket LocSpoof

最高のiPhone/Android位置情報変更ツール

無料ダウンロード 購入する

利用可能なOS:

168,282人がダウンロードしました。

LocspoofでiPhone/Android位置情報を変更する手順▼

ステップ 1 LocSpoofをコンピュータにインストールして開きます。 「スタート」をクリックし、画面の指示に従って、USBケーブルで位置を変更したいiPhoneをPCに接続します。

無料ダウンロード

プライバシー保護・100%安全

locspoofを起動する

ステップ 2 LocSpoofの地図がポップアップで表示されます。右上隅の「テレポートモード」を選択します。マウスでスクロールしてピンを立てるか、左上の検索バーに住所を入力して、お好みの場所を検索します。

locspoof gps位置を変更する

ステップ 3 位置情報を選択したら、テキストボックスの「移動」をクリックして、GPS位置情報を設定した目的地に変更します。

irocket locspoof gpd位置を変更する

tips

Tips

詳細なガイドは、LocSpoofの操作ガイドページでご確認ください。

まとめ

PhoneやAndroidデバイスで位置情報が共有できない場合、様々な原因が考えられますが、適切な対処法を行うことで解決することができます。また、位置情報の追跡を防ぐためには、適切な設定やプライバシー保護アプリの利用が重要です。

位置情報追跡を防ぐためには、ぜひ便利なアプリLocSpoof を利用してみましょう。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

0 コメント

コメントしましょう !

お問い合わせ